注目

マンション査定で考えること

マンションを売却する予定の場合、どのようなことに注意をしたら良いでしょうか。


一番の注意点は正しい不動産会社を選ぶ点です。

マンション査定 マンション査定をする場合には不動産会社選びを間違えなければ、マンション売却はもうほとんど成功していると言ってよいでしょう。


不動産会社を選ぶ際には、慎重に検討をするべきです。実は、不動産会社にはさまざまな種類があります。


不動産会社によって得意分野がそれぞれ違うのです。マンション売却に強い不動産会社もあれば倉庫売却に強い不動産会社、そして店舗用物件の売却に強い不動産会社もありますので、強みを見分けるのが注意点になります。当然、中古マンション売却に強い不動産会社を選ばなければなりません。


マンション査定はマンション売却を得意とする会社に任せるべきです。マンション査定の注意点は、複数の会社に査定をお願いすることが大事になります。査定額も査定をする会社によって異なります。


この時に知っておきたいのは査定額も実際の相場よりも高く提示する会社もあるということです。


査定額をわざわざ高くする理由は自社で物件を扱いたいからです。もし、他者と比べて格段に高く査定をしている会社は注意が必要です。


実際にその額で売れるとは限らないことも知っておきましょう。

損しない不動産査定のかしこい方法

不動産査定は不動産を売却する前におおよその価格を知るために行います。不動産査定で損しないためには、目的と概要を知っておく必要があります。損しない不動産査定とは査定結果にとらわれずに、売買を決めるための参考に留めることです。不動産の売買価格はあくまでも売主と買主の合意で決まります。損しないためには査定価格に一喜一憂せずに、その後の展開を有利に運ぶことが大切です。査定は料金を払って不動産鑑定士に依頼する方法もありますが、通常は不動産会社が営業の一環として行っています。法律で決まった査定方法があるわけではなく、原価法・収益還元法・取引事例比較法といった既知の査定手法を任意に用いて査定が行われます。査定価格は査定者によって異なるのが当然で、複数の会社に依頼した場合はそれぞれ異なった価格が算出されます。不動産の売買価格は物件そのものの魅力と同時に、その時期により大きく異なります。不動産査定で損しないための最も大切なことは売買時期を見誤らないことです。物件周辺の地域的事情や経済動向をよく観察し、有利な時期を選ぶことが大切です。売却時期はなるべく固定せずに、長期的なスパンで考える必要があります。物件の購入希望者が現れた時期が最も適切な売却時期であることもあります。

マンションを高く売る方法にはどんなものがあるか

転勤や新築住宅の買い替えなどの理由でこれまで住んでいたマンションを中古物件として売却しようと考えている方はいませんか。このような方々は少しでも高く今住んでいるマンションを売りたいと考えていることでしょう。では、どうすれば高く売れるのでしょうか。高く売る方法として、もっともシンプルなのが、部屋を極力、綺麗な状態に保っておくということです。当たり前のことですが、中古マンション物件として新たな買い手に売る訳ですから、風呂やトイレ、洗面所などの水回りの機能がしっかりしていること、フローリング、壁紙、襖、障子、そして天井に大きな傷やカビなどが無いことが重要な査定基準となります。清掃レベルではどうにもならない水回りのカビや傷だらけのフローリングなどはプロのリフォーム業者に依頼し、しっかりと修理するもしくは取り替えておくことをお勧めします。マンション仲介業者や不動産業者は売却物件を見る際に水回りやフローリングなどをじっくりと見ます。普段生活する上で使用頻度の高い部分をどのように使用しているか、ケアしているかを見るためです。その辺りの管理が杜撰な家は他の部分もだらしないのでは、と思われ念入りにチェックされ、査定額が下がることもしばしばあります。要するに、綺麗でしっかりと手入れが行き届いているイメージを持ってもらうことが非常に重要です。

マンションの売買契約の前に知っておきたいこと

マンションの売買契約をする前に知っておきたいこととはどのようなことでしょうか。まず、マンションを買う立場の時には諸費用については知っておく必要があります。不動産売買契約をしたことがない人は物件の販売価格がマンションにかかるすべての費用と勘違いしていることがあります。ですが、売買契約にはそれに付随するものとして不動産会社に支払う仲介手数料が必要になります。仲介手数料は物件の販売価格×0.03+6万円に消費税をかけた金額が
基本になります。諸費用の中で一番高いのがこの仲介手数料になります。それ以外には登記費用や火災保険料、ローンを組む場合にはローン手数料、初年度の固定資産税や都市計画税などがあります。これらの諸費用の総額はおよそ250万円前後になります。
では、マンションを売却する場合はどうでしょうか。売却する場合にはできるだけ高い価格で売却をしたいのが普通ではないでしょうか。そのためには仲介してくれる不動産会社選びが大事になります。不動産会社といってもいろいろな種類の会社があり、それぞれ持っている強みが異なるのです。マンションを相場以上の価格で売却をしたい場合にはそれらの売却を強みとしている不動産会社を選ぶべきなのです。